眼底カメラ
眼底(目の奥)の状態を撮影してポラロイド写真として記録します。
撮影には少々コツがありまして、うまく写らない場合にはもう一度撮影をお願いすることがあります。眩しい検査で申し訳ありませんがご協力よろしくお願い申し上げます。
角膜内皮測定器
検査目的
角膜(くろめ)の内側の細胞(内皮細胞)を撮影します。この細胞は傷が付いても再生する能力がなく、とても大事な細胞です。細胞の数や形を調べて、角膜の状態を把握します。
これでわかる病気
長期間にわたって古いコンタクトレンズを使っていると内皮細胞が減少します。また直接角膜に操作を加える白内障手術前後にも、この検査は欠かせません。


Copyright(C) 2001 Furukawa Ophthalmology hospital All Rights Reserved